美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

ニキビ予防を辞めました

      2014/10/07

わたしは、ニキビがひどいときに顔に150個ありました。

顔はニキビ跡で全体的に青紫状態で、膿がでそうなニキビもあり

見た目はとてもグロテスクでコンプレックスの固まりでした。

顔がいつも痒くて、集中できないこともかなり困りました。

私がにきびを治すためにしたこと

 

エステサロン

そんな状態を打開すべく、にきび治療のためエステサロンへ。

チラシには、1000円でニキビ治療と書かれていたので試そうと思い入りました。

しかし、その後に

「これ一回だけでは治りません」

「今日これだけやったのに契約せずに帰るのですか?」

と言われプランの説明を受けました。

私もどうしてもニキビを治したい一心でしたから、

藁にもすがる思いで自分が出せる最大の予算プランで受けました。

約100万円近い金額で分割払いで支払いました。

ニキビ対策プランは、

・ニキビに効果があるサプリメント類の処方

・月4回のニキビ対策マッサージとピーリング

これだけです。

スポンサーリンク

使われているクリームは金粉の入ったクリームでとても高価なものでしたが

処方が終わるまですべて使い切ることはなかったです。

ピーリング(薄皮をはぎ新しい肌を再生させる手法)は市販のものより強力で

効果があると聞きました。

約3か月ほど通いましたが、ニキビが治る兆候がなく辞めました。

 

皮膚科

ニキビ治療に効果があった口コミを頼りに某有名な皮膚科でニキビ治療をしました。

膨れ上がったニキビの炎症箇所の膿をとり、炎症を抑える注射や光線などしてもらいました。

みてもらった箇所は、ニキビはだんだんと治まっていくのですが

次から次へとニキビが大量発生するのでおいつきません。

薬も処方され、1~3か月ほど服用しましたがニキビが大量発生するのを

食い止めることができませんでした。

日々のスキンケア

某ドラッグストアでニキビ対策に効果があるサプリメントや

クリーム、化粧水を使ってみましたが効果はほとんどありませんでした。

 

スポンサードリンク

ニキビ予防を辞めました

そして、私はニキビ予防を辞めました。

冷静に考えてみると、エステや病院などでそのときだけニキビが治っても

またニキビが再発したらお金も莫大にかかりますし時間も損なわれます。

永遠にニキビから逃れられないものか・・・

どうすれば良いか考えました。

スポンサードリンク

ニキビに対する考え方を変える

私は、ニキビに対して非常に無知でした。

「なんとなく効果がありそう」だとか

「なんとなく良い噂があるから」で考え方が甘く

ニキビがどうしてできるかすらも知りませんでした。

まずニキビを治すためには、どのような原因かを知り対策しなくてはならないと思いました。

インターネットでニキビに関する情報を集めて試す

ニキビの原因からニキビの治った事例など調べてみては

試して自分の肌を実験し続けました。

ひとによって、肌質が違うので

ある人が 効果がある化粧水と言っても

別の人が 効果がない化粧水だという場合もあります。

試して自分にあったスキンケア方法を見つけるしかないのです。

ニキビ予防は辞めて肌に良いことをする

私の最終的な目標は、ニキビをなくしてツルツルな肌を手に入れることです。

ニキビ予防について調べていましたが、同時に肌を若々しくさせる方法にも

興味をもちアンチエイジングの知識もついてきました。

肌全体の知識が身につき、肌に接するアプローチを変えたところ

ニキビがだんだんと減ってきました

私が気をつけているスキンケアポイント

私が気をつけているスキンケアのポイントは3点

・継続的にできる

・依存しすぎない

・自己再生能力

肌再生は常にするので継続的にスキンケアをし続けなければいけない。

そのためには、自分に無理のない予算でスキンケア用品を買うこと。

できるだけ肌の本来持っている免疫や再生力で肌を育てて、

スキンケア用品に依存しすぎないこと。

私がしているスキンケア

・水洗顔

・化粧水・乳液は毎日する

・顔に手を触らない

たったこれだけでニキビが治りました。

正確に言うと半年ほどこの方法を試して1年ほど経ってからだんだんと減っていきました。

私がニキビになった根本的な問題は、洗顔したときの洗顔料の洗い残しや

洗顔料の成分が合わないことだったのではないかと推論しています。

色々やりすぎて肌の免疫自体落ちていたのかもしれません。

最終的に面倒なスキンケアいらずの肌質に変わることができて、

今はとても満足しています。

もし、ニキビを治すためになにをやっても治らないときには

「なにかをやめてみる」方法も良いと思います。

 

 

 - スキンケア, ニキビ予防