美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

幸せホルモンで美肌になるコツ

      2014/10/07

ひとは幸せな状態でいると
からだのさまざまな部分に良い影響を与えます。

自分が幸せだと感じると
よりからだも幸せになるのです。

幸せホルモンを活用すれば
見た目年齢もぐっと若返り美肌になれます。

幸せホルモンとはどのようなものかご紹介します。

幸せホルモンの正体

セロトニンとオキシトシンと呼ばれる脳内ホルモンです。

両方とも幸せホルモンと呼ばれていますが
ほんの少し意味が違います。

セロトニンとは、
自分が幸せな状態であるときにでてくる脳内ホルモンです。
精神状態を安定させる作用があります。
不安や恐怖心などのストレスを軽減する働きもあります。

オキシトシンとは、
相手を思いやったり愛情を感じたときにでてくる脳内ホルモンです。
たくさんでると、相手を信頼する気持ちが高まります。
愛情ホルモンとも呼ばれることがあります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

幸せホルモンの効果

美肌になるためには、ストレスをできるだけ軽減させる必要があります。

多くの幸せホルモンが分泌されるとストレスを緩和されます。
また、脳内で気持ちが良い状態が続き色々なことに前向きになります。

肌を作るための細胞も活発化されて美肌になります。

スポンサードリンク

幸せホルモンがでる食べ物

セロトニンが分泌される材料となるのがトリプトファンと呼ばれるものです。
良質のタンパク質や果物に含まれています。

主に
・牛肉、豚肉、トリ肉
・牛乳
・バナナ
・チーズ
・大豆
・ナッツ類
・カレー

などにトリプトファンが多く含まれています。

セロトニンは腸からでている説があり、
腸内を整えるカレーはとても効果的です。

朝にナッツ入りのシリアルに牛乳とバナナをちぎって
毎日食べるのもおすすめです。

幸せホルモンがでる運動

反復運動をするとセロトニンがでてきます。
ウォーキング、スクワット、踏み台昇降など同じ動作の繰り返しが
セロトニンを多くだしてくれます。

幸せホルモンがでる生活習慣

・笑顔
・思いやりの気持ち
・姿勢良くする
・太陽の光を浴びる
・よく寝る

作り笑顔でも有効です。
毎日続けると幸せホルモンが多くなって
自然と笑顔にすることができます。

朝早く起きて陽の光を浴びながらジョギングも
最高に良いです。

たくさんの笑顔で、運動し眠れば
美肌になれることは間違いありません。

 - 美容, 美肌