美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

運動で美肌に綺麗になれる?肌に良い運動方法

      2014/10/07

間違った運動をするとかえって肌トラブルに

運動すると美肌になれるといいます。

運動をするとからだの代謝が活性化されて
からだが元気よく美肌にすることもできます。

しかし、間違った運動をするとかえって
ニキビなどの肌トラブルになってしまいます。

スポンサードリンク

運動が肌トラブルになる原因

運動には2種類あります。

有酸素運動と無酸素運動です。

有酸素運動は、ジョギング、ウォーキング、ヨガなど
酸素を取り入れながら運動するものです。

無酸素運動は、スクワットや腕立て伏せなど
筋肉を酷使する運動です。

どちらも美肌に良いことですが
ニキビなどの肌トラブルに悩んでいる方は無酸素運動を
控えたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

無酸素運動のメリット・デメリット

無酸素運動をし続けると
男性ホルモン値が上がります。

男性ホルモンが強くなると
皮脂の分泌を強くしたり肌の柔軟性が落ちます。

ただし、有酸素運動は悪いことだけではありません。

加圧トレーニングで筋肉を鍛えると
成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、肌にハリや潤いを与えて
肌全体を若返らせてくれます。

有酸素運動のメリット・デメリット

デメリットはほとんどないです。

からだに酸素を入れて血液の循環を良くしてくれます。
ドロドロ血液でも毎日30分のウォーキングだけでも
サラサラ血液に生まれ変わります。

血液が健康的な状態になると肌の毛細血管にも
良い栄養をわたしてくれます。

有酸素運動はウォーキングやジョギングが
メジャーですが、私がおすすめするのはヨガです。

天候にかかわらず続けることができます。

ヨガの呼吸法を日常生活にとりいれると
仕事のストレスなどを緩和することができます。

美肌になる秘訣は、
外部の刺激をやわらげる環境を整えることです。

番外編

瞑想です。運動とはかけ離れているイメージですが
瞑想の呼吸法だけでも有酸素運動になります。

精神状態の安定や我慢力が足りない方におすすめです。

運動のやりすぎに注意

運動をしすぎると乳酸がたまります。
乳酸は疲れの原因となり、からだにかけ巡ります。

一定量の乳酸であれば1日で回復するのですが
運動しすぎると乳酸が残ったままになります。

そうなると、乳酸が毒素にかわり
いたるところで悪さをします。

運動は8割程度におさえて継続的に続けていくことが美肌の近道です。

瞑想はいくらしても大丈夫です。

 - 美肌, 運動