美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

毛穴トラブル対処法

   

毛穴トラブルは主に3つ挙げられます。

・毛穴詰まり
・毛穴の開き・たるみ
・毛穴の黒ずみ

です。

毛穴詰まりはニキビの原因に。
毛穴の開きやたるみは老け顔に。
毛穴の黒ずみは汚肌になります。

毛穴ケアを正しくすることで、
美肌に見せることができます。

毛穴トラブル別に対処法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

毛穴詰まりの原因

毛穴の詰まりは、3つの原因があります。

・皮脂の過剰分泌
・毛穴の柔軟性不足
・洗顔料の液が毛穴をふさぐ

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌は、思春期、過剰なストレス、食事の不摂生で起きます。

思春期や過剰なストレスでホルモンバランスを乱されると、
脳内で皮脂を多くだすように命令します。

食事の不摂生は、糖質、脂質が多いものを食べすぎることです。
食べすぎた分だけ皮脂の量が多くなり毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴の柔軟性不足

20代前半から、肌の水分量がだんだんと落ちていきます。
肌には、水分を蓄えるセラミドという細胞があります。

化粧の落とし忘れ、化粧水や乳液を使っていない、食生活の偏りがあると
セラミドが減るスピードが加速します。

逆に、肌のスキンケアや食生活のバランスが良いと
セラミドが減りにくいです。

洗顔料の液が毛穴をふさぐ

洗顔料をしたときに、すすぎが不十分だと
洗顔料が肌に残ります。

洗顔料は、水分がない状態はとても固くなります。
洗顔料が溶けた状態で毛穴に入り込み、
乾燥して毛穴の出口を塞いでニキビになる事例はとても多いです。

毛穴の黒ずみは皮脂の酸化
皮脂の表面が空気に当たり続けると皮脂の表面が酸化して黒ずみます。
皮脂が多く出るとそれだけ皮脂が空気にふれる面積が多くなるので黒ずみが目立ちます。

スポンサードリンク

毛穴トラブルを防ぐ

皮脂の過剰分泌を正常化する
・ストレスをこまめに発散させる
・糖質、脂質を抑える

思春期は、成長期でホルモンバランスが崩れてしまうことはしかたがないことです。
どうしてもホルモンバランスを整えたい方はニキビ専門の皮膚科医者と相談するもの良いでしょう。

ストレスを発散する方法は、人それぞれですが、わたしがおすすめするのは瞑想です。
瞑想には、こころの浄化作用があります。
目を閉じて何も考えずに頭の中をからっぽにします。
鼻から大きく息を吸い、口からゆっくりと息を吐きます。
朝晩するだけでも違いがでてきます。

糖質、脂質を一切やめるのではなく、抑えることです。
ある程度の糖質や脂質は、エネルギーのために必要です。
甘すぎるケーキや、脂身の多いお肉をさけて、
果物で甘みや、お湯で脂身を落としたお肉を食べましょう。

毛穴の柔軟性を保つ

たっぷりの化粧水と保湿クリームで肌を守りましょう。
肌はひとつの栄養だけでは作られません。

食生活は、バランスよくとって色々な栄養素をとり入れると
良い肌が生まれたりセラミドが増えていきます。

栄養素たっぷりとった肌は、潤いが持続します。

洗顔料を毛穴詰まりさせない方法

しっかりと泡立てて、しっかりすすぐことです。

泡立てる効果は、直に洗顔料が肌につかないようにするためです。

泡立てたときと泡立てなかったときで同じようにすすいだ場合、
泡立てなかったかったほうは、微量な洗顔料が80%も残ります。

また、泡立てない洗顔料もあります。

泡立てない洗顔料はジェルタイプなので落ちやすく固まりにくいです。
普通の洗顔料とは違い肌の刺激も少ないので使う人が多くなっています。

泡立てない洗顔料 ファーストクラッシュ

良い洗顔方法は、すすぐ時間を洗う時間の2倍とることです。
しっかり落としたと思っていても微量な洗顔料が肌に残り刺激するので念入りにすすぎましょう。

 - 毛穴, 美肌