美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

運動の消費カロリーは少ないのに痩せる理由

   

痩せるときに思い浮かぶのが、運動です。

「運動したら、カロリーが消費されて痩せる」と思っている

そこのあなた!!

運動してもカロリーはそれほど消費されませんよ。

では、なぜ運動すると痩せるのかメカニズムをご紹介していきたいと思います。

まず、運動するとどれだけのカロリーが消費されるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

運動の消費カロリーは意外と少ない

運動の消費カロリーを紹介する前に、
1日あたりの摂取カロリーとごはん1杯分のカロリーをご覧ください。

【1日の摂取カロリー】
女性で1800kcal
男性で2200kcal

【ごはん1杯分(150g)のカロリー】
約250kcal

運動の消費カロリーは体重によって異なりますが、
成人(20~30代)の平均的な体重を目安とした消費カロリーです。

・ウォーキング30分 約80 ~100kcal
・ジョギング 30分 約200~240kcal
・水泳    30分 約300~400kcal
・ヨガ    30分 約70 ~100kcal

このデータを見てみると、

・この中では、水泳が最も消費カロリーが多い
・消費が少なさそうなヨガはウォーキングとほぼ同じ消費カロリー
・ジョギングを30分続けてようやくごはん一杯分
・30分間運動を続けても1日の摂取カロリーの10分の1

このことから、運動によって消費されるカロリーはごく僅かです。

しかし、わたしは痩せるためには運動することをおすすめしています。

スポンサードリンク

痩せるために運動する理由は基礎代謝を上げること

運動をしても、そのときの消費カロリーは少ないです。

それでも、わたしが運動をすすめる理由は基礎代謝です。

基礎代謝とは、ふだん何もしていない状態でも
消費されるカロリーです。

筋肉量や心拍数、呼吸法によって基礎代謝が上がります。

運動しているアスリートと一般の人の基礎代謝を比べると
1日あたり1000~2000kcalの差があります。

アスリートでなくても、運動している人としない人でも
1日あたり500~1000kcalほどのひらきがあります。

なにもしていない状態で、
500~1000kcal消費されることは大きいです。

運動により、基礎代謝を上げることにより
運動以外の場所でも着実にカロリーを消費しているのです。

とはいえ、運動の回数が少ないと基礎代謝を上げることはできません。

1日の運動時間は少なくても良いので毎日継続していくことが大切です。
1日30分のウォーキングを毎週1回よりも
1日10分のウォーキングを毎日続けることが代謝アップのコツです。

続けていくと基礎代謝がアップして太りにくい体質に変わっていきます。
「運動 無理せず 継続」を合言葉にがんばりましょう。

 - ダイエット, 運動