美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

美肌になるにはキャベツよりレタス

   

美肌になるために欠かせない野菜

美肌になるために毎日食べ続けたいけど
調理が面倒で長続きしない

そんなあなたには...

レタスです!!

ちぎってドレッシングをかけるだけ。

スポンサーリンク

キャベツでも良いのですが、
キャベツは千切りにしないと少々食べづらい難点があります。

そのほかにも、レタスとキャベツで栄養素の違いがあります。

レタスとキャベツで栄養素の違い

【100g当たり】
レタス  キャベツ
カロリー :12kcal 23kcal
ビタミンC :5mg 41mg
ビタミンK :28μg 78μg
食物繊維 :1.1g 1.8g
カルシウム :19mg 43mg
β-カロチン :240μg 50μg

レタスとキャベツの栄養素を比べてみると、
ほとんどキャベツが上回っています。

それでも、私がレタスをおすすめする理由は、
β-カロチン(β-カロテン)がキャベツの約4倍ほどあります。

サニーレタスやリーフレタスは、
β-カロチン(β-カロテン)は更に多くレタスの10倍あります。

このβ-カロチン(β-カロテン)が美肌にとてもよい効果があります。

スポンサードリンク

β-カロチン(β-カロテン)の美肌効果

β-カロチンは若返り栄養素と呼ばれていています。
野菜でも含まれている量がごくわずかなので貴重です。

β-カロチンの効果は、
・粘膜を守る(腸の働きを良くする)
・肌の成長を促す
・がん、不眠症、黄斑変性症の予防

「美肌は腸から」、「腸が汚れていると老けるのが早い」
と言われている通り、腸の清潔に保たれていないと
毒素を吸収したり、良い栄養素を吸収できずなりとても肌に影響を与えます。

便秘がちになると、肌荒れする理由も腸がきれいな状態ではないからです。

腸を清潔な状態に保つためにはレタスに含まれているβ-カロチンです。

腸内の粘膜で腸を守り働き蠕動運動を良くしてくれます。

さらに、肌の成長を促して肌の再生周期(肌のターンオーバーとも呼ばれます)
を正しくしてくれます。

不眠症や不摂生な食生活をしていると、
肌の再生周期が乱れて古い肌が残ります。

古い肌は毛穴を詰まらせたり、シミやシワの原因になります。

レタスを食べてβ-カロチンをしっかりととりましょう。

ちぎって食べるだけで簡単に美肌に生まれ変わります。

 - ダイエット, 栄養素, 美肌