美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

アンチエイジングは紫外線対策と保湿が大切

   

最近は40代や50代でも肌がプルプルで本当に50代?とびっくりするほど若々しい女性がいますよね。
そのような方の肌をよく見てみるとみずみずしく目元や口元の小じわもほとんどありません。
まず、アンチエイジングで一番大切なことは紫外線からお肌を守ること、しっかり保湿を行うことです。

紫外線によるダメージはシミやそばかす以外にも乾燥や目元、口元の小じわもあります。
ですから、出掛ける時には紫外線対策を行い、外部からの刺激を守ることです。
ちなみに日焼け止めのSPFが高ければいいというわけではありませんから、日傘や帽子などと組み合わせて紫外線対策を行うのが理想です。

次に保湿です。よく洗顔後スキンケア化粧品を使っても浸透するまでに時間が掛かり、肌がベタベタの状態で困っているといった声を聞きます。
これは乾燥が原因で乾燥している肌に化粧水を使っても効果は半減してしまうのでまずは、化粧水を浸透しやすくすることから始めます。
化粧水を浸透させるには毛穴が開いた状態が一番効果的です。毛穴が開いていると肌の奥深くまで届けられ、肌細胞が甦ります。

では、毛穴を開かせるにはどうしたらいいのかというとぬるま湯でクレンジングを行う、クレンジング後ホットタオルを顔にのせる、半身浴を行うなど、毛穴が開いてからスキンケア化粧品を使うと毛穴の引き締め効果も期待できます。浸透力もよくなり、化粧水もグングン浸透していきますから面倒でも週に1~2回行うといいでしょう。

また、人肌程度に温めた化粧水を使うといつもより化粧水の浸透力を高めることが出来ます。
化粧水を手に取り、すぐにつけないで手のひらの熱で温まったら使うと良いです。
それでも浸透力が悪いと感じたら角質が硬く、厚くなっている原因も考えられるので、ピーリングをお勧めします。
費用に余裕のある方は定期的にフェイシャルエステに通うのもいいと思いますが、市販のピーリングやゴマージュでも十分、角質は除去できるので定期的に手入れを行うと肌の色がワントーン明るくなっているのが分かるはずです。

化粧水が浸透しやすくなったら定期的に美容液やクリームなどで手入れしていくのが理想です。
スキンケアの順番はクレンジング洗顔の次に化粧水乳液、それから美容液や乳液を使います。
よく忙しいからといって洗顔後に美容液を使っている方もいますが、スキンケアの順番を間違えてしまうと効果も半減してしまうのでスキンケアには時間を掛けることが大切です。

 - アンチエイジング, 美肌