美容の種

美容の種は スキンケア、ダイエット、アンチエイジング等の美容情報サイトです。

バナナダイエット

      2016/06/18

私は、以前テレビでも流行って一時スーパーマーケットでも姿を消したフルーツ、
バナナダイエットを行なっています。

バナナは、糖質もありフルーツとしての甘さも持ってます。
またビタミンB群やカリウムや食物繊維も含まれているので、
腸の調子も整えてくれるので不要な排泄物も定期的に排出してくれます。
体を常に元気な状態へと生まれ変わることができる食材です。

さらに、スーパー食材のバナナは1本でたったの80キロから100キロカロリーと超低カロリーな食材のなのです。
食欲がある時に2本3本食べたとしても食べすぎではない食欲旺盛なダイエット志願者にとっても持ってこいのものです。

また、バナナは基本的にスイーツとの相性も抜群。
私は、ヨーグルトの中にバナナを入れたりホットケーキにバナナを混ぜてバナナホットケーキにするなど、
いろんなものと組み合わせて自分好みのバナナを味わうことができます。

ダイエットに一番大事なことである、「継続して行う」という目標を達成しやすいものであるとも言えます。
ただ大事なことは、体に良いものだといえどお食事に市場大事なものはバランス。

あまりにもミネラルやビタミンB群が豊富に含まれているからといえども、
たんぱく質や脂質など他にも重要な栄養素を体は必要としています。

偏らずに食べるということを常いココr掛けていく必要があります。
これからバナナダイエットを始める人へのおすすめは、
普段の食事の中で常にとっている食べ物の一部をバナナと入れ替えてみてくださいというものです。

例えば、朝ごはんはいつも食パンを食べているという人。
バナナは2本食べて、ようやく食パン1個と同じぐらいのカロリーになると言われています。
なので、食パンだけではなく、ここはバナナに変えることで不足しがちな栄養素を獲得できます。

身近なメニューの中にとりあえず最初は1点バナナと入れ替えできる候補の食材を選んでそして実行してみてください。
人間は1日3食を食べる体とリズムになっています。

毎日何気なく食事の時間になったので食べるということではなく、
3回の食事の中でどこを削っておけばカロリーが抑えられるかを理解しておく必要があります。

3回の食事の中で、たった1つでもまずはカロリーの少ないものとの交換ということでバナナを組み込んでみてはいかがでしょうか?
バナナが嫌いという人もなかなかいませんのでどなたでも始めやすく、辛さもないダイエット方法だと思います。

 - ダイエット